空き家には火災保険って必要なの?

空き家に火災保険は必要か

例えば実家のご両親がなくなった、転勤や長期出張などで家を長期的に開けるなど、空き家となる状況はさまざまあります。しかし、誰も住んでいない、いわゆる「空き家」には火災保険は必要なのでしょうか。

結論を言えば「空き家にも火災保険は必要」です。人が住んでいないとは言え、その家がある地域で自然災害が起こる可能性は十分にあると言えるでしょう。そのため、「空き家だからいいや」と考えるのではなく、きちんと火災保険への加入を検討する必要があります。

空き家に考えられるリスク

空き家だとしても、火災保険が必要ということはご説明しました。その理由は、下記のようなリスクが考えられるためです。

火災が近隣住宅に延焼するリスク

空き家だからといって火災が起こらないとは限りません。管理が行き届いていない空き家はゴミの不法投棄をされてしまったり、勝手に侵入した人が吸ったタバコの不始末が起こるなど、空き家が火災の発生元となるリスクは意外と高いのです。

さらに、空き家が火元となった火災が近隣の住宅に延焼してしまうという可能性も十分に考えられます。

放火犯に狙われやすい空き家

空き家は放火犯に狙われやすいというリスクも抱えています。これも、管理が行き届いていない空き家の場合によくあるケースと言われています。例えば家やその周りにダンボールなどのゴミが置きっ放しになっていたりする場合に、放火犯のターゲットになりやすいというリスクがあります。

また、周りの家との距離が離れている空き家も放火犯に狙われやすい傾向がある、と言われています。

漏電による火災の可能性

空き家で起こる火事の中には、漏電が原因で起こっているものもあります。電気が家の何処かで漏れてしまっているのが「漏電」と言われる状況ですが、なかなかどこで漏電が起こっているのはわかりにくいもの。

なぜ漏電が起こると火災に繋がるのかというと、漏れてしまった電気に燃えやすいものが接触するため。よくあるのが、屋内にある回線がむき出しになって火花が飛び散り、燃えやすいものに接触してしまうケース。また、空き家内にいるネズミなどが回線をかじってしまい、漏電が起こり、火災につながるというリスクもあります。

空き家の状態で保険料が異なる

空き家は通常の住宅とは火災保険をかける際の扱いが異なります。さらに、空き家は使用頻度などによって「専用住宅」「併用住宅」「一般物件」の3つに分けられており、保険料も異なります。

専用住宅

まず、専用住宅とは一般的な住宅のことを指しており、空き家の中で最も保険料が安くなります。空き家が専用住宅として扱われる条件としては、「定期的に利用している」ということが必要になります。例えば、お盆や年末年始には帰省して空き家となっている家を利用している場合には、専用住宅として扱われます。

また、別のパターンとして、定期的な利用はなかったとしても「すぐに人が住める状態」になっている場合も専用住宅として扱われる場合もあります。

併用住宅

併用住宅は、3種類の中で2番目に保険料が安くなります。この併用住宅は、「店舗兼住宅」のような建物のこと。空き家となっている場合には、人が住める機能は備えているにも関わらず、家電や家具が揃っておらず、すぐには住める状態にはない場合に併用住宅という扱いになります。

一般物件

最後に一般住宅ですが、ここまで説明した専用住宅にも一般住宅にも該当しない建物のこと。3種類の中では最も保険料は高くなります。空き家の場合は、家の中や外が荒れてしまったり、劣化が激しいなどの理由で住宅として利用することが不可能な建物のことを指します。

まとめ

空き家に関する火災保険についてご説明してきました。そもそも、空き家は「リスクが高い」とみなされるために火災保険に加入できない場合もありますが、やはり火災が起こるリスクを考えると、火災保険に入っておいたほうが良いでしょう。

中には空き家でも加入可能な商品を用意している保険会社もありますので、空き家の管理を行っている人、これから空き家の管理を行う可能性のある人は、ぜひ検討してみてください。