損保会社が破綻したら?

万が一のことを想定して加入する火災保険ですが、その万が一が損害保険会社に起こり、経営破綻してしまったらどうなるのでしょうか。ここでは、損害保険会社が破綻した場合の保険契約についてご説明します。

損害保険会社が破綻してしまったら

銀行が破綻してしまった場合、ペイオフ方式によって元本1000万円までは最低保護されます。

損害保険会社が破綻してしまった場合には、「損害保険契約者保護機構」によって保険契約が補償されます。ただし、常時20人を超える従業員がいる企業については、自賠責や家計地震、自動車保険、短期傷害、特定海旅などに対し破綻後3ヶ月間は保険金を全額支払(つまり補償割合100%)が受けられます。

それを過ぎてしまうと補償割合は80%に減額されます。また、解約返戻金や満期金なども補償割合の80%となります。

火災保険や賠償責任保険、動総、運送保険、労災総合などは保護の対象となっていません。

また、個人の場合にもこの対象とはなっていないので、支払いをきちんとしていたのに、いざという時に補償されないということもありえることではあります。

損害保険会社は破綻したいのか

保険料を支払ったのに、損害保険会社が破綻してしまったら補償されないこともあるとなると、途端に加入することに不安を覚えます。

しかし、実は戦後から現在まで、損害保険会社が破綻した実例はわずか2例のみ。

1例目は、1949年に設立された第一火災海上保険で、高い予定利率で契約ができ、満期時には保険料をはるかに上回る満期金を支払うことで人気でしたが、バブル崩壊後の低金利時代の影響を受けて2000年に破綻。その契約は、損害保険契約者保護機構が引き取りました。

2例目は、1920年に設立された大成火災です。2001年にアメリカ同時多発テロの影響で約700億円の保険金支払いが発生し、債務超過に陥りました。そして、2001年に倒産しました。その後、2002年に損保ジャパンに吸収されました。

このように、損害保険会社が破綻するのは非常に稀なことといえます。

契約前に考えておきたいこと

破綻をそれほど心配する必要はありませんが、契約者それぞれが保険会社の経営状態をチェックしていくことが大切です。

そして、もし破綻の兆候があったら、すぐに契約を解約し、他の保険会社に乗り換えるのがベストでしょう。

また、損害保険の場合、生命保険とは違って保険期間1年の掛け捨て商品も多いため、契約を他者に移しやすいというメリットもあります。契約期間が切れるタイミングで、改めて個々で損害保険会社の財務内容や格付けなどをチェックして、破綻の兆候がないかを確認しておくのもよいでしょう。

編集部からひとこと

損害保険会社が破綻した場合、損害保険契約者保護機構によって救済措置がとられます。しかし、個人の火災保険はその対象ではありません。損害保険会社が破綻することは非常に稀ではありますが、せっかく掛け金を支払ったのに、いざという時に保険料が払われないということもあり得ないことではありません。

保険に加入する前には、自分にどれがベストなのかを考え、また会社の動向もチェックしながら決めてくださいね。