火災保険の代理店の役割とは?

火災保険申込みの約9割は代理店を通じて行われているとされています。この代理店というのはどのような役割を持ちどんな業務を行っているのでしょうか。ここでは代理店を利用する意味や注意点などについて解説します。

火災保険の代理店にも種類がある

保険の代理店とは保険会社と委託契約を結び、その会社の代理として保険商品の説明をしたり販売をしたり、契約者に対してアドバイスを行うのが主な業務です。また契約者からの保険金請求をサポートする役割も持っています。

専業(プロ)代理店と副業代理店

火災保険の代理店には専業(プロ)と副業の2種類に分けることができます。専業代理店は保険の販売を専門としているお店です。これに対し副業(または兼業)代理店は不動産屋や銀行など他の業務も行いながら保険も販売するお店です。

専属代理店と乗合代理店

専業と副業とは別に火災保険の代理店には専属と乗合という分け方もあります。専属代理店は特定の保険会社の商品のみを取り扱っているお店です。一方、乗合代理店とは幅広く複数の保険会社の商品を取り扱っているお店です。

以上の分類は掛け合わせて考えることもできます。保険の販売を専門(専業)に複数の保険会社の保険を販売(乗合)する代理店もあれば、不動産業が本業ながら(副業)特定の保険会社の商品のみ販売(専属)する代理店もあります。

保険の代理店の基本となる業務は同じですが、代理店経由で保険の契約を結ぶ際はこうしたさまざまな形態があること、またそれぞれで専門知識や対応に違いが出てくることを知っておくことが必要です。

保険代理店を使うメリットと注意点

保険代理店を利用する一番のメリットとして考えられることは、保険商品の内容を理解したプロに相談したり、こちらの希望に応じて最適な保険プランや組み合わせなどを提案・アドバイスしてもらえることです。

乗合代理店であれば、保険のプランの違いだけでなく複数の保険会社を比較して自分に合った保険を見つけることができたり、保険料を安くするアイデアなども聞くことができるので安心して火災保険の契約ができるようになります。

また代理店を利用すると保険選びだけでなく、更新時の見直しや保険金請求の手続きなどすべて任せることができますし、火災保険の他に複数の保険に加入している場合には窓口を一本化できるので楽になるメリットもあります。

反対にデメリットとして考えられるのは、直販(ダイレクト)保険に比べると保険料が高くなる傾向があることです。これは代理店の人件費やサービス分が上乗せになるためで、相談料と考えればそれほど気にならないかもしれません。

注意したいのはすべての保険代理店のサービスの質が同じではないということです。保険契約申込みの代行はしてくれても専門知識が不足していて頼りなかったり、顧客より店側の利益を優先するところもあるので慎重に選ぶことが重要です。

編集部からひとこと

火災保険の契約で保険の代理店を利用すると保険の相談ができたり色々なサポートを受けられるのがメリットですが、最終的にいちばん大切なことは自分に合った保険を見つけることができるかということに集約されます。

代理店を利用するのは有効な手段の一つですが、代理店にもさまざまあって得意・不得意分野もあるため、ただ相手の言いなりになるのではなく自分でもある程度の知識を持って質問できるくらいにしておくことが必要です。