共栄火災/安心あっとホーム

火災保険は保険金の支払いや手続きがわかりにくいケースがありますが、そのような悩みを解決するのが以下に紹介する共栄火災の安心あっとホームです。おすすめポイントや口コミをまとめましたので参考にしてください。

共栄火災_火災保険_キャプチャ
引用元:共栄火災公式HP
(https://www.kyoeikasai.co.jp/personal/residence/index.html)

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」の口コミ評判

「対応が迅速で的確なアドバイスをもらえました」

分譲マンションの購入時に不動産会社の勧めで共栄火災の火災保険に加入しました。火災保険は割安というより生命保険のような保険料の差がないという担当者の話で、消極的ながら入ることに決めたという感じです。

しかしマンション火災があったとき共栄火災に入っていてよかったと感じました。対応が迅速でしたし、補償範囲の説明や行うべき手続きなどを的確にアドバイスいただけたからです。保険会社の選択も大切なことだと思いました。

「弁護士費用まで補償するプランが助かりました」

子供が大きくなりトイレや風呂場でいたずらをして水漏れなど下の階の人に迷惑をかける可能性が出てきたため火災保険加入を検討。車両保険でもお世話になったことがある共栄火災の火災保険にすることに決めました。

水濡れ補償はどのプランにもあり安価な保険料ものでいいと思ったのですが、万が一何らかの事故があった場合に弁護士費用まで負担してくれるオプションが数百円プラスで追加できるということで思ったよりも安くて助かりました。

「営業がよく教育されていてイメージがよかった」

現在火災保険を検討中なのですが、共栄火災さんは営業のイメージがとても良いです。保険会社としても中規模で財務状況も安定しているので安心できます。見た目という点で言えば全く問題がないと思います。

営業担当の方はスーツ着用で自宅で話を聞いた際にも余計なことはせずに、教育が行き届いていると見えて言葉遣いもとても丁寧でした。保険範囲が狭いのが少し気になっていますが、他の会社に比べて保険セールスの内容はよいと思います。

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」の特徴

JA共済(全国共済農業協同組合連合会)を母体としてとして農林中央金庫、信金中央金庫などの協同組織からなる共栄火災海上保険株式会社が提供している火災保険で、保険料の安さや補償・サービスの充実度を強みとしています。

「安心あっとホーム」に加入するだけで急なトラブル対応をしてもらえる「住まいの助っ人くん」を無料でできるようになります。鍵開けサポートやや排水管の詰まり修理など、日常生活の困りごとに役立ちます。

おすすめポイント1・自然災害も含む幅広い災害についても補償

農協関連の火災保険会社が提供しているだけあって、火災以外の自然災害による損害を受けたときの補償が充実しています。台風、竜巻、ひょう災、雪災はもちろん、異常気象による洪水、土砂崩れ、落石等の水災もカバーします。

地震保険をセットにすれば地震や噴火、またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出などにより建物や家財が損害を受けた場合にも補償されます。その場合の保険金額は主契約の30~50%の範囲で設定されます。

おすすめポイント2・建物が古くなっても損害額を全額補償する

建物を協定再調達価額で契約した場合、契約時の評価額に基づいて保険金額を限度に実際の損害の額として保険金が支払われます。再調達価額とは損害に遭った建物や家財と同等なものを築または再取得するのに必要な金額のことです。

従来の火災保険では保険金の支払時に再評価をするため事故発生時の物価変動などで契約時の保険金額が全額補償されないこともありました。「安心あっとホーム」では建物が古くなっても損害額が全額補償されるので安心です。

おすすめポイント3・保険金の支払いに関するわかりにくさを解消

従来の共栄火災の火災保険では損害の程度によっては補償されないケースがあったため契約者にとってわかりくい内容になっていました。保険に加入しているのに不安が残るということがありましたが、これが解消されました。

「安心あっとホーム」では保険金額を限度に損害額から自己負担額を差し引いた額を全額支払うかたちになっているので、金額も明確でわかりやすく火災保険に加入している安心感を得ることができるようになっています。

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」の補償内容

戸建てプランとマンションプランの大きく2タイプがあります。さらに戸建てプランは4つ、マンションプランは6つの契約プランが用意され希望の補償範囲に応じて選べます。なお火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災に対する補償はどのプランにも共通して含まれます。

また全プラン共通で自動的にセットされる費用保険金の補償は、地震火災費用保険金、残存物取り片づけ費用保険金、水道管修理費用保険金、損害防止費用で臨時費用保険金の選択は任意です。

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」の特約(オプション)

個人賠償責任補償特約

日常生活や居住の用に供される住宅の所有、使用または管理に起因する偶然の事故により他人の身体を傷つけたり、財物を損壊した結果、法律上の損害賠償責任を負担することによる損害を補償

携行品損害特約

外出中(国内・海外を問わない。)に偶然な事故によって被保険者が携行している身の回り品に生じた損害を補償

類焼損害補償特約

火災、破裂または爆発によって近隣の住宅やその家財に損害を与えた場合に発生する費用を補償

庭木修復費用特約

保険証券記載の建物と同一敷地内にある庭木が火災などにより建物とともに損害を受けた結果、枯死した場合、庭木を修復するために必要な費用を補償

ドアロック交換費用特約

日本国内で建物のドアのカギが盗まれ、ドアの錠の交換費用を被保険者が支出した場合に、その交換費用を補償

建物電気的・機械的事故特約

不測かつ突発的な外来の事故に直接起因しない電気的事故または機械的事故によって生じた建物付属設備の損害を補償

編集部より

「安心あっとホーム」は火災保険として補償内容を見ると比較的スタンダードな部類に入ります。戸建とマンションに入口が分かれているのでわかりやすく特にマンションは契約プランの数が多いので細かなニースに対応できるでしょう。

特約でユニークなのが庭木修復費用特約が付けられる点です。戸建住宅で庭木を大切に育てている場合は注目すべきポイントでしょう。台風などの自然災害が心配される地域では地震保険をセットに契約すれば安心です。