火災保険の種類とは?

火災保険と一口に言っても、いくつか種類があります。そこで、このページでは火災保険の種類についてご紹介します。自分にとってベストなものを選ぶためにも、このページをご覧いただき、火災保険を選ぶ時の参考にしてください。

火災保険ってどんな保険?

そもそも、火災保険とはどんなものかをまずご説明しましょう。火災保険とは、損害保険の一つで、火災や落雷、爆発や台風などの災害で被害にあった場合に、建物や家財の損害が補償される保険のことを言います。

火災や台風などの災害は、一旦、巻き込まれてしまうと家や家財道具のほとんどなど、大きな被害を被る恐れもあります。しかし、火災保険に加入していれば保険金を受け取れるため、被害から早く立ち直ることが可能になります。

ただし、地震や噴火の被害は通常の火災保険の補償範囲外となります。地震や噴火に備えたいという場合には、火災保険とセットで加入することができる地震保険に加入しましょう。

火災保険は5種類

家や家財、ひいては家族の生活をも守る火災保険ですが、個人の住宅を対象としたものにも大きく分けて5つの種類があります。以下をご覧いただき、自分に最適な火災保険はどれか、検討してみましょう。

住宅火災保険

最もよく知られている定番の保険で、火災・落雷・台風・破裂や爆発といった災害による損害が補償されます。最近では、より多くのニーズに応えられる住宅総合保険の方が人気がありますが、賃貸物件にお住いの場合は、補償内容に満足できるならば、この保険で十分に対応できます。コストを抑えたい場合には、こちらがおすすめです。

住宅総合保険

住宅火災保険の補償内容に、物の落下や衝突、漏水や盗難、水災にも対応するのが住宅総合保険。建物と家財の補償が一緒になっているため、多くのリスクに対応でき、今、一番人気のある保険です。特に戸建てや分譲マンションに住んでいる方は、万が一、被害があった場合にその損害も多額となるため、多少コストがかかってもこの保険を選ぶ人が多いようです。

団地保険

住宅総合保険のマンションや共同住宅専用の保険です。住宅総合保険と変わらない内容に加えて、階下への水漏れやガス爆発など共同住宅に多い損害にも対応してくれます。

オールリスクタイプ

それぞれの生活スタイルや住居のタイプに合わせて、補償のタイプを選ぶことができる火災保険です。住宅総合保険ではカバーしきれない様々なリスクにも対応できます。保険会社によりその内容は変わりますが、付帯サービスも多く、カギの紛失や水回りのトラブルにも対応してくれるものもあります。多くのリスクに対応できる分、コストは最もかかります。

特約火災保険

住宅金融支援機構や財形住宅金融株式会社などからお金を借りて住宅の建築や購入、リフォームする際には、原則として「特約火災保険」に加入することが義務付けられています。この保険は建物のみを対象としており、家財の補償はされませんが、火災や落雷などの自然災害や労働争議などで招いてしまった暴力行為や損壊行為などまで幅広く補償してくれます。

まとめ

どの火災保険を選ぶかは、どこまで補償してもらいたいか、そしてどのくらいのコストをかけることができるかによって変わってきます。いずれの保険もメリットもデメリットもあるので、このページを参考にその補償内容をしっかりと確認して検討してくださいね。

いずれにしろ、火災保険は自分にあった保険を選ぶことが大切です。それぞれが納得するものを選びましょう。